結婚占い | 四柱推命

四柱推命で結婚占いをした時、命中に正財星がない人ほど、なるべくしがらみのない家庭を築きたいと考えます。
だって、大家族のしがらみや、複雑な血縁関係は苦手だから。あるいは、結婚するにあたって、いままでのひとり暮らしをなるべく変えないかたちで生活していこうと考えるからです。
また、そう考えていなくても、結婚相手やその家庭がそうした考え方の可能性が高い宿命を持っています。
こういう場合の解決策は、夫だから、妻だからという男女の役割の押しつけ合いをせずに、お互いがお互いが協力し合い、自分の身のまわりのことは自分ですべき、という方針がお勧めです。
つまり、夫は身のまわりのことは自分でやる。当然、育児にも参加する。
それと同じように、妻は経済的なことで必要以上に夫に頼らず、ある程度は家計を分け合った生活をすることです。そして、自分なりの収入手段を持ち続けようとしたり、社会参加の必要性を認識するべきなのです。
また夫や子供のあとをついて歩いて、世話をやくことに時間を割くよりも、もっと創造的なことに目を向けて考えていくなど、そうした雰囲気の家庭になることがベストです。
そうしたわけで、四柱推命の通変、正財星がない人にとって結婚とは人間として自立するための場であり、それが結果的に最高の結婚生活を送るための否決なのです。
なお、もっと知りたい方は、四柱推命で結婚占いが一番です!