幼少期に英語に親しんでいると授業が始まってからも抵抗がない

私が通っていた幼稚園では年少の頃から英語の授業があり、海外出身の講師の先生を招いて、簡単な英語の単語の発音からゲームでの授業を経験して、英語を学ぶということがとても楽しかった思い出があるので、早期英語教育には賛成です。
そのおかげで、小さい頃から英会話の習い事に行くようになり、英語力もかなり身につきましたし、勉強することの楽しさも知ることができました。
周りが英語に苦労していた中学時代も、なんの抵抗もなく学ぶことができたし、視野もかなり広がった気がします。
海外の旅行客の方がたくさん増えてきて、グローバル社会になった今だからこそ、英語が話せる方が仕事も人間関係もいろいろなことを学び生かすことができると思います。
メリットとしては、仕事や生活面、趣味等なので英語が使えると不自由なく生活できると感じます。
今ではたくさんの観光客の方が日本に来るので、英語が使えることが必要な職種もたくさん増えています。
英語が使えたことで、仕事がスムーズに進んだこともありますし、学生生活で苦手意識もなく勉強でき、勉強の楽しさを知ることもできました。
デメリットとしては、2つの言語を一度に覚えることは、小さい頃だとかなり大変だと思います。
少しでも苦手意識ができると、英語自体が嫌いになり場合によっては、英語が苦手だったことでやりたい職種につけない、苦手だから話したくない、英語で挫折したから他の勉強も苦手意識がついてしまうこともあると思うからです。
コチラ