家を売却した経緯と信頼できる不動産会社との出会い

十年以上住んでいた一戸建てを売却することにしました。まだローンが半分程度残っていたのですが、中古マンションを購入した上でローンを全てなくすことに決めました。

家を売却するにあたって最も大切だと思ったのは、信頼できる不動産会社を見つけることです。私の場合は以前から知っている不動産会社があり両親がそこでお世話になっていたので、迷わず決めることができました。

自宅の売却は必ずしも自分の都合通りに進むわけではなく、売却に出してもなかなか売れないことがあり、私の場合もそうでした。購入希望者の内覧もたくさんあって早く売れるのではないかと思ったのですが、意外になかなか売れずに時間が経っていきました。

一瞬不安になったのですが、より条件のいい買手を探してくれていたようで、そのために時間がかかったのだと思います。当初の価格よりは若干低い価格での売却になったのですが、私にとって十分納得のいく価格であり、不動産会社の方も誠実で全てお任せして特に問題もなく売却は完了しました。

次の住居についても条件のいいマンションを探してくれたので、それも助かりました。疑問や不安が生じた時には不動産会社の担当者に質問をして気持ちが安心しましたので、それも大切なことだと思います。

プリウス リース