天皇皇后はパスポートは不要

天皇の成人年齢は二十歳ではない。
日本人は二十歳で成人し二十歳未満は未成年とされています。
この点については民法に規定がありその4条で年齢20歳をもって成年とすると規定されています。
しかし日本には3人だけ形ではなく18歳で定年とされる人がいます。
皇室典範には次のようにあります第22条天皇皇太子および抗体村の青年は18歳とする民法4条の規定にもかかわらず天皇皇太子皇太孫の3人だけは18歳で青年とされています。
したがって18歳児に天皇皇太子又は抗体その地位にあればその人はその時に成人します。
皇太子というのは天皇の子供のこと皇太孫というのは皇太子がいない場合 天皇の孫のことつまり皇位継承順位第1位の天皇の子供が皇太子皇太子がいない場合の皇位継承順位第1位の天皇の孫が皇太孫ということです。
天皇皇后はパスポートが不要。
天皇と皇后は国際慣習における研修待遇により保険は必要ない。