今日仕事中にあった謎の時間

初めまして。私は接客業をしております。
接客業といっても皆さまがイメージする接客業とは少し違い、とある乗り物の中で接客をしています。
乗り物の中というのは言うまでもなく公共の場であり、相手がお客様といえど、あまりにもうるさかったりするとこちらから注意する場面があります。
今日もそういったお客様がいらっしゃいました。
いつものように私から「お客様、失礼します。他のお客様もおられるのでもう少し声のボリュームをおとしていただけますか?」と声を掛けました。
すると中年のお客様から「ジョーカーにスペードの3でかえせますよね?」と、固まる私、答えを待つお客様、止まる大富豪、流れる景色。
あっけにとられた私は「地域によると思います」と答えその場を後にしました。
中年の人を子ともに返す大富豪恐るべしです。