ピザとタバスコ

日本にタバスコが入ってきたのは1940年代のことと言われます。メキシコ産のトウガラシを使用して作られるタバスコは、後を引く辛さと独特の酸味が特徴です。日本人は、ピザにタバスコをかける人が多いですよね。しかしながらピザの本場であるイタリアでは、タバスコをかけるなんて言語道断なのです
タバスコの使用法について紹介していきますね。タバスコの原産国はアメリカです。それをイタリア人が常用しているとは考えにくいことですよね。実際にイタリア人にタバスコをかけるのかを尋ねてみると、そんなことは全くしないそうです。そもそもイタリアでは、他人が出してくれた料理に対して調味料かけるのはご法度なんです。なぜなら他人が出してくれた料理に手を加えるとその人の料理がまずいと言っているようなものだからです。
それではタバスコの原産国であるアメリカではどうでしょうか。ピザはアメリカでも盛んに食べられる料理ですし、タバスコをかけて食べていそうな気がしますが、答えはノーです。アメリカではステーキソースやバーベキューソース、マヨネーズなどの調味料の風味付けに使用されることが多いのです。それでは、アメリカではどのようなタイミングでタバスコ使うのでしょうか。その答えは、ブラッディーマリーと言うウォッカと言うお酒を作るときに使われるんです。