どんなに歯をキレイにしても気を付けたいことは

ホワイトニングにもいくつかの種類があります。
基本的には、通いやすい歯医者で処置を受けるオフィスホワイトニングという形式と、専用の薬剤を用いて自宅でホワイトニングを行う、ホームホワイトニングがあります。
ですが、何度も時間をかけられないという方や、即効性を求める方は、断然、オフィスホワイトニングがオススメできます。
煙草や服薬などの生活習慣がない限り、ホームホワイトニングと違い、一度だけで十分に白さを実感できるのです。
色の他に歯並びも気になるという方の場合、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で矯正をかけるという場合もあるのです。
歯を綺麗にするホワイトニング。
その種類としては、通いやすい歯医者で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、通いやすい歯医者ではマウスピースと薬液の処方だけを受け、実際の処置は自宅で自分で行っていく、ホームホワイトニングがあります。
さらなる手法としては、双方の長所を併せ持つデュアルホワイトニングを採用することで、それぞれの不備を補うこともできます。
採用する手法や健康状態によっては、ホワイトニングの施術中に並行して歯列の矯正を行うということもできるので、担当の先生に聞いてみましょう。
一口にホワイトニングと言っても色々あります。
毎回クリニックに通うものばかりではなく、ホームホワイトニングと言って、自宅で空いた時間を使って自分で行えるものがあります。
しかし、薬剤が弱かったり、正しい仕方でマウスピースを装着できていない場合などは、期待したほど白くならずに終わる可能性もあるということに注意してください。
また、歯列矯正の施術を受けている最中は、ホワイトニングの同時利用は困難であるともされていますが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば矯正と並行してホワイトニングの施術も行うことができます。
通いやすい歯医者矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、大きく分けると瞬間的な苦痛と継続的な苦痛があります。
痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、ずっと続く痛みの方が精神的にはキツイものです。
器具に歯が引っ張られる鈍い痛みに加え、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。
大人なら治療の完了までに2年から3年はかかりますから、とてもそんな苦痛は我慢できないという方には、通いやすい歯医者矯正はお勧めできるものではありません。
歯列の矯正では矯正器具やマウスピースが使われますが、そのために噛みにくくなっており、痩せてしまう方もいるようです。
あるいは、矯正治療の終了後、元に戻るどころか体重が増加した、なんてこともあるようです。
通いやすい歯医者矯正中は自由にものが食べられないと我慢していた分、治療後はその反動によって大食いになってしまうようですね。
長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、体型が悪くなったのでは容姿の面から言うと、ちょっともったいないと思います。